お知らせ

2022 / 12 / 01  16:15

79号ができました。お届けは12月10日頃になります。

79号表紙3.jpg

お待たせしています。
79号は完成して、現在、印刷中です。お届けは12月10日過ぎになるかと。

今回の素敵な表紙・扉絵を手がけてくださったのは、後藤貴志さんです。ちょっぴり未来を感じさせてくれる楽しい絵ですね。この鬼っ子はどこかにお出かけ中なのでしょうか。

さて今回の特集は「遊び」。
歴史学者ホイジンガの、人間とは「ホモ・ルーデンス=遊ぶ人」のことである、という言葉を持ち出すまでもなく、わたしたちと「遊び」は深い関係がありますよね。
でも、この「遊び」は、心のどこかに「余裕」がなければ失ってしまうものなのかもしれません。3年以上もつづくコロナ禍で、あるいはウクライナ戦争などの世界情勢の不安の中で、この余裕が少しずつ蝕まれてしまっているのではないか、そんな怖さを感じてもいます。 
そこであらためて子どもの世界にとっての「遊び」に注目し、その大切さについて考えてみたいと思った次第です。

ただ「遊び」と言っても、ごっこ遊びやゲームもあれば、物語やファンタジーの「空想する」「想像する」という概念からのアプローチもあるでしょう。自らの子ども時代の記憶、あるいは今の時代ならではの遊びもあるでしょう。
あなたは
キーワードとしての「遊び」からどんなことを思い浮かべますか?

さて、この特集には、はやみねかおるさん、いとうひろしさん、はたこうしろうさん、内田麟太郎さん、ひこ・田中さん、
松岡達英さん、市川宣子さん、北川佳奈さん、鬼の編集委員のみうらかれんと、「遊び」ならはずせない? と思う多くの
作家やイラストレーターのみなさんに寄稿していただきました。

また鬼カフェでは、編集長と鬼の作家、柏葉幸子や、片川優子、みうらかれんや編集者のみなさんとも「遊び」についてあれこれ話しました。ぜひお読みいただけたらと思います。

往復書簡には、石井睦美さんにご登場いただき、山本悦子さんや石井睦美さん野上暁さん、柏葉幸子や那須田の連載も。道場の審査結果の発表も含めて、どうぞお楽しみに。

ご購読のお申し込みは、事務局までメールでどうぞ。
この号のみでも販売しておりますのでこの機会に読んでみたいと思われる方も、ぜひ。

まだまだコロナ禍も続きますが、みなさんどうぞお気をつけて!!

鬼ヶ島通信編集長
那須田淳