お知らせ

2022 / 05 / 26  15:29

78号への降矢奈々さんの特別寄稿「2月24日ロシア軍がウクライナに侵攻した」について

78号への降矢奈々さんの特別寄稿「2月24日ロシア軍がウクライナに侵攻した」のこと

本誌78号に、スロヴァキア在住の画家降矢奈々さんがロシアがウクライナに
侵攻した日のこと、そしてそれに続く難民家族の受け入れなどをエッセイマンガ
として寄稿してくださいました。

購読会員でなくてもこの号のみのご購読はできますので、メールで鬼ヶ島通信・事務局
までお問合せください。
なお、銀座の教文館ナルニア国、東京駅の丸善本店、神保町のブックハウスカフェ、
大阪梅田のMARUZEN&ジュンク堂でも店頭で購入できます。  

2022 / 05 / 26  15:01

78号ができました!!

78号ができました!!

78号を刊行しました。
今回の楽しい表紙・扉絵を手がけてくださったのは、
今中信一さんです。
これからの季節にぴったりの躍動感あふれる元気な鬼です!!

さて今回の特集は「スポーツ」。
二年以上続くコロナ禍の中で、私たちはあれこれたくさんの制約を
受けながら日々を送ってきましたが、「スポーツ」もできなかった
ものの一つに違いありません。
子どもたちにとってそれがどんなに大切なものか、その奪われた
ものがどんな意味があるのか、そんなことを模索しながら、
子どもの本というくくりの中でみつめてみたいと思い、テーマとしたのです。
鬼のカフェでは、作家の樫崎茜さんにオンラインでおいでいただき、
編集長と編集委員の片川優子のふたりでこの「スポーツ」をテーマにお話を
伺いました。

また、コロナ禍が続く中で、この2月末には恐ろしい出来事がありました。
ロシアによるウクライナ侵攻です。これは侵略あるいは戦争というべき
事態で、戦死者とともに多くの避難民もうみ、地球全体を震かんさせました。
そんな中、ウクライナの隣国スロヴァキアにお住まいで、難民家族を
ご自宅に受け入れた画家、降矢奈々さんが特別寄稿としてマンガエッセイを
本誌に緊急寄稿してくださったので、こちらもぜひ、ご一読ください。

会員でない方、ご購読のお申し込みは、事務局までメールでどうぞ。
この号のみでも販売しておりますのでこの機会に読んで
みたいと思われる方も、ぜひ。

コロナ禍のほうは夏にむけ、落ち着きを少しずつ取り戻してきました。
新しい日常が始まる予感の中で、足元をみつめつつ、世界で何が起きているのか
を考えながら、暮らしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

鬼ヶ島通信編集長
那須田淳

2022 / 05 / 12  15:45

鬼ケ島通信編集長の那須田淳の創作ワークショップのお知らせ。7月2日青山学院大学にて 詳しくはここをクリック!

鬼ケ島通信編集長の那須田淳の創作ワークショップのお知らせ。7月2日青山学院大学にて 詳しくはここをクリック!
青山学院大学で、編集長の那須田淳が、この7月2日に青山学院大学でジェンダー研究センターの生涯教育、エンパワーメントプログラムとして「ジェンダーと表現」のテーマのもと「物語小説創作ワークショップ」をするので興味があれば、ご参加ください。(参加費無料申込制です。)

https://www.aoyama.ac.jp/center105/event_2022042

 

1